大阪学院大学校友会四国支部

四国支部 香川県OB・OG紹介

平成14年卒業 秋山 卓巳

百十四銀行

平成14年卒業 秋山 卓巳

大阪学院大学校友会四国支部行事に参加しています。
平賀源内記念館と牡蠣小屋の旅。
普通に生活しているだけではお会い出来ない先輩、後輩、その家族との時間。楽しい時間です。
四国支部幹事を務めさせて頂いております。四国出身、お住いの大阪学院大学・大阪学院短期大学のOB、OGの皆様、是非お問い合わせ下さい*\(^o^)/*

http://www.114bank.co.jp/

老舗の紙器・段ボール用の抜型製造会社

(有)十美夫 代表取締役社長 秋山 浩二 (昭和55年卒商学部)

老舗の紙器・段ボール用の抜型製造会社

十美夫(香川県丸亀市、TEL0877-23-1362)は、1961年に鋳物用木型の製造を始め、69年から紙器・段ボール用の抜型製造を行っている四国地区の老舗抜型メーカー。
先進的な設備の導入・更新により品質を強化し、納期や対応力でも顧害の信頼を獲得し続けている。
秋山浩二社長に現状と今後の展望を聞いた。

当社の取引先は紙器が6割段ボール箱が2割、レジ袋などフィルム加工分野が2割です。新規の営業を行ったこともあり、今年に入ってから全般的に受注が仲び、5月期の快算でも前年並み以上の売上となりました。
顧客の要望としては、やはり納期の短縮が挙げられます。朝に注文を受けてタ方納品する仕事が4割を占め、半日という短納期も珍しくありません。
木型製作以外に、図面を出すスピードも求められますが、データを製作できるスタッフが4人おり、迅速に対応するこが可能です。

取引先の大半は中小企業なので、私自身が動いて小回りを利かせていく必要があり、その場て図面や丁付けといった専門的な相談を受けて仕様を決め、見積もりも早く提出しています。短縮期はもちろん、こうした対応力によって、「十美夫に頼んだら早い」と評価され、信頼をいただくようになりました。
今後も、可能ない限り、顧客の求めることに対応していく方針です。少子化などが影響し、現状維持では先細りになるため、当社の長所を生かし、新規の取引先を増やす努力も不可欠だと考えます。

設備面では、大型レーザー加工機をはじめ、自動刃材加工機やサンプルカット機などを完備し、受注から最終加工までの一貫生産体制を整えています。
昨年は、加工精度と生産性の向上を目指し、レザック製の自動刃物罫線切禰を入れ誉えました。現在のところ、新たな設伸投資の予定はありませんが、常に最新の環境で製造てきるように、定期的な設備更新に努めてまいります。

HOME|個人情報保護ポリシー|もどる
大阪学院大学校友会四国支部
四国支部事務局
高知市本宮町105-25
高知ソフトウェアセンター3F
Copyright(C)2019ogu-koyukai.orgAll Rights Reserved.